カテゴリー: 法と知識で身を守る

代襲相続とはどのような相続でしょうか

代襲相続になっているかどうかを判定するときは、 亡くなった順番に注目して考える必要があります。

代襲相続とは、被相続人が亡くなった時、本来相続人になるはずだった人が先に亡くなるなどしていた場合に、
その子や孫やひ孫(直系卑属といいます)が代わって相続人になるという制度です。
“代襲相続とはどのような相続でしょうか”の詳細は »

相続放棄の順位について

先順位の法定相続人が相続放棄をした場合、その法定相続人は初めから存在しなかったとみなされます

相続放棄には遡及効があり、相続放棄をした人は最初から相続人でなかったことになります。
亡くなった人(被相続人)に子が何人いたとしても、全ての子が相続放棄をしてしまえば、
法定相続分を考える上では子が一人もいないケースと同様に考えるというわけです。
“相続放棄の順位について”の詳細は »

住民票の除票とはどんなものでしょうか

住民票の除票は、除かれてから5年間保存されることとなっています。

今まで住民票が存在する(住民登録があった)市町村から、他の市町村へ引越しをしたり、
死亡したときに、転出届や死亡届が提出されることにより、住民登録が抹消されます。
“住民票の除票とはどんなものでしょうか”の詳細は »

相続手続に戸籍が必要な理由

「被相続人の出生から死亡までの戸籍」と「相続人全員の現在の戸籍」の2点はほとんどの相続手続きで必要となる戸籍です。

相続手続に必要とされている戸籍ですが、いったいどんな戸籍が必要となるのでしょうか。
“相続手続に戸籍が必要な理由”の詳細は »

相続人がいない場合の財産はどうなるのか

相続人がいない場合の対策としては遺言ももちろんのこと、養子縁組も考えられます。

自分の相続時に相続人がいない場合の財産は国のものになります。
しかしいきなり国に帰属するわけではありません。
“相続人がいない場合の財産はどうなるのか”の詳細は »

遺言書を作成する人が急増しているそうです

遺産相続をめぐる争い(争族)が増えてきているのが遺言書作成急増の原因のひとつなのです

「遺言書」と聞くと、皆さんはどう感じますか?「後ろ向き」なイメージを持つ方もいると思いますし、「後ろ向き」なイメージを持たなくても、「遺言書は死ぬ間際に書くものだから私には関係がない」と思われる人も多いのではないでしょうか。「遺言書」は「遺書」と言葉が似ているため、どうしても誤解されることが多いようです。ただし、確実に遺言書は身近なものになってきています。
“遺言書を作成する人が急増しているそうです”の詳細は »

相続人になりたくない!

マイナス財産の相続の場合には相続を放棄するということもできます

亡くなった親に謝金が多くありそうなので相続人になりたくない・・・・という場合どのように
すれば良いのでしょうか?


“相続人になりたくない!”の詳細は »

自己のために相続の開始があったことを知った時

自己のために相続の開始があったことを知った時とは、相続く開始の原因となるべき事実を知り、かつ、それによって自分が相続人となったことを知った時をいう

自己のために相続の開始があったことを知った時とは、
相続開始の原因となるべき事実を知り、かつ、それによって自分が相続人となった
ことを知った時をいう(大決大正15年8月3日民集5巻679頁)。
相続人は相続の承認や放棄をするまで、その固有財産におけるのと同一の注意をもって、
相続財産を管理しなければならない(918条1項)。
“自己のために相続の開始があったことを知った時”の詳細は »

決まりを理解して相続できる人を洗う

死亡の際というのは、死亡の瞬間より相続が始まりますから文字通り生命が絶たれたときから相続は成立しているということになりますよ

遠縁のものは相続ができません!日本の法律では血族無限相続主義とでもいうべく遠縁の人の相続を認める体制をとっていません。ですので相続できるのは一定の間柄の人だけになります。
“決まりを理解して相続できる人を洗う”の詳細は »