相続手続に戸籍が必要な理由

相続手続に必要とされている戸籍ですが、いったいどんな戸籍が必要となるのでしょうか。

状況により必要となる戸籍が多少異なる場合がありますが、
「被相続人の出生から死亡までの戸籍」と「相続人全員の現在の戸籍」
の2点はほとんどの相続手続きで必要となる戸籍です。
なぜ戸籍が必要なのでしょうか?
被相続人の戸籍を遡って集めるのは、相続人を確定するためです。
たとえば、他の相続人の誰も知らない子どもがいるようなケースもありますので、
その子が相続の手続きから漏れてしまうことの無いよう、出生まですべての戸籍を遡って、内容を確認します。
また、相続人全員の現在の戸籍(以降「現在戸籍」といいます)が必要ですが、
誰が相続人であるかをきちんと戸籍から読み取る必要があります。
もしも相続人が既に死亡していた場合はその相続人の子供はみな相続人となるため、
出生からの戸籍がなければその人の相続人全員を確定させることができないからです。

«
»
 

トラックバックURL