住民票の除票とはどんなものでしょうか

今まで住民票が存在する(住民登録があった)市町村から、他の市町村へ引越しをしたり、
死亡したときに、転出届や死亡届が提出されることにより、住民登録が抹消されます。

住民票の除票とは、住民票が存在する市町村から、他の市町村へ引越しをしたとき、
死亡したときに、元住所地・死亡時の住所地で作成されるものです。
住民票の除票は、元住所地・死亡時の住所地で作成されるものです。
住民票の除票の写しには、住民票に記載されている事項のほかに、
転出の場合には転出先の住所と異動年月日が記載され、死亡の場合には死亡年月日が記載されます。
なぜ住民票の除票が必要かというと、それはやはりその住所地から転出したり死亡したからといっても
すぐに記録が無くなるというのは問題があるでしょうから除票という形で残すのではないかと思われます。
住民票の除票は、除かれてから5年間(住民登録がなくなってから5年間)保存されることとなりますが、
それ以降は履歴自体廃棄されてしまい、すなわち、5年を越えるとについては交付・発行することができません。

«
»
 

トラックバックURL