相続放棄の順位について

相続放棄には遡及効があり、相続放棄をした人は最初から相続人でなかったことになります。
亡くなった人(被相続人)に子が何人いたとしても、全ての子が相続放棄をしてしまえば、
法定相続分を考える上では子が一人もいないケースと同様に考えるというわけです。

法定相続人には亡くなった方との関係(続柄)によって順位があり、
第1順位の法定相続人がいなければ第2順位の法定相続人が、
第2順位の法定相続人がいなければ第3順位の法定相続人が、それぞれ相続人となります。
ところで多額の債務を負って亡くなった被相続人に妻子だけでなく、両親や兄弟までいたような場合、
相続放棄の具体的な進め方はどうなるでしょうか?
先順位の法定相続人が相続放棄をした場合、その法定相続人は初めから存在しなかったとみなされます。
よって第1順位の法定相続人全員が相続放棄をして借金を免れた場合、
はじめから第1順位の法定相続人がいない場合と同様の扱いとなりますので、
本来は相続人ではなかったはずの第2順位の法定相続人に借金が回ってきます。
そして第2順位の法定相続人全員が相続放棄をして借金を免れた場合、
次は第3順位の法定相続人に借金が回ってしまうことになります。
したがって、全員が借金から免れるためには、
法定相続人全員が相続放棄を行わなければなりません。

«
»
 

トラックバックURL