代襲相続とはどのような相続でしょうか

代襲相続とは、被相続人が亡くなった時、本来相続人になるはずだった人が先に亡くなるなどしていた場合に、
その子や孫やひ孫(直系卑属といいます)が代わって相続人になるという制度です。

代襲相続には亡くなった順番が重要です。
代襲相続になっているかどうかを判定するときは、 亡くなった順番に注目して考える必要があります。
まず、被相続人が亡くなり、相続が発生するよりも前に相続人が死亡している場合や、相続欠格事由に該当している場合などには、
その相続人の子供や孫が代わりに相続人となります。
また、相続人の子も相続開始よりも先に亡くなっているようなときは孫が、
孫も亡くなっていればひ孫が・・・という様に、どこまでも下の代まで代襲して相続をするという制度もあります。
これを、再代襲相続といいます。
再代襲は、相続発生前に「子」が死亡している場合に生じます。
相続発生前に父母が死亡している場合、祖父母が相続人となり、祖父母も死亡していれば曾祖父母が、というように、
どこまでも上の代まで相続人となっていくのですが、これは代襲相続とは言いません。

«
 

トラックバックURL