カテゴリー: 手続きが楽になる遺産の協議

戸籍がなぜ必要なのかを知ることが始まり

本当はよくわからないのに、当たり前のようにさらっと書かれていて、はずかしくて誰にも聞けないことって、ありませんか?

相続のお手続きでまず初めにしなくてはならないこと。
それは、亡くなった人(被相続人と言います)の戸籍を集めることです。
しかも、生まれたときから亡くなるまでのもの、すべてです。

なぜ?
“戸籍がなぜ必要なのかを知ることが始まり”の詳細は »

相続の遺産の分割の協議又は審判等

共同相続人は、次条の規定により被相続人が遺言で禁じた場合を除き、いつでも、その協議で、遺産の分割をすることができる。

907条 1項 共同相続人は、次条の規定により被相続人が遺言で禁じた場合を除き、いつでも、その協議で、遺産の分割をすることができる。
“相続の遺産の分割の協議又は審判等”の詳細は »

手続きに前もって作る相続した物の目録

相続人が分かるように、プラスの財産とマイナスの財産を分類して作成するとわかりやすいでしょう。

亡くなった人(被相続人)が遺言書とともに財産目録を残してくれていなければ、相続人 が遺産を調査して相続財産目録
“手続きに前もって作る相続した物の目録”の詳細は »

相続の協議書の作成を正しく行う

相続の遺産分割協議書の作成は、特に決まった形式はありませんが、遺産分割を行ったことを明確にしておくようにしなければなりませんよ

相続した遺産について、相続する人たちの間で分割の協議がついた場合には分割協議書を作成する必要があります。遺産に不動産が含まれている場合は(ほとんどの場合含まれていることも多い)、
実際には遺産分割協議が必要な場合が多いのです。
“相続の協議書の作成を正しく行う”の詳細は »