横浜の相続のプロが精魂を入れた

母方の田舎には「葬式饅頭」というものがあります。各地にもあるようですが、母方の田舎の葬式饅頭はともかく大きいのです。その大きさ「わらじ」くらいあります。

子供のころ、不謹慎ながら母が持ち帰る「葬式饅頭」がとても楽しみでした。
葬式饅頭には↓のような意味合いがあるようです
葬式饅頭を配るのは、故人の所有していた財物を残された者に喜んでもらえる形にして返すという意味がある。人は生前には物欲を断ち切れずに、その結果、死後に財物を残す。遺族はせめて死後にその財産をあまねく世間に返すことで故人の滅罪を図り成仏することを祈る。こうしたう行為を仏教では布施と呼び、葬式饅頭もそのひとつの手段に過ぎない。

(Wikipediaより抜粋)

  • 相続相談なら横浜のこちらの司法書士にお任せ
    平成25年の時点で、創立から10年間で4万件の実績を誇ります。相続手続支援センターってありがたい団体です。
    www.souzoku-shien.net