遺贈と相続の違いについて

相続は遺言のあるなしに関係なく人が死ねば当然に発生しますが、遺贈というのは遺言書がなければ効力は発生しません

「相続」と「遺贈」の違いはなんでしょうか。
 相続とは、誰かが死ねば当然に発生する、なんら手続きを経ることなく当然に
 被相続人の財産が相続人に引継がれることをいいます。
“遺贈と相続の違いについて”の詳細は »

遺言書を作成する人が急増しているそうです

遺産相続をめぐる争い(争族)が増えてきているのが遺言書作成急増の原因のひとつなのです

「遺言書」と聞くと、皆さんはどう感じますか?「後ろ向き」なイメージを持つ方もいると思いますし、「後ろ向き」なイメージを持たなくても、「遺言書は死ぬ間際に書くものだから私には関係がない」と思われる人も多いのではないでしょうか。「遺言書」は「遺書」と言葉が似ているため、どうしても誤解されることが多いようです。ただし、確実に遺言書は身近なものになってきています。
“遺言書を作成する人が急増しているそうです”の詳細は »

新築する際に親に援助してもらった場合の遺産分割協議

生前に新築などの資金として受け取った財産は特別受益と言います

新築の家を建てる時に親の援助を受けるということをよく耳にします。
もし援助してもらった後に親が亡くなって相続が発生した場合、
遺産分割協議の際にその援助分はどのように扱えばいいのでしょうか?


“新築する際に親に援助してもらった場合の遺産分割協議”の詳細は »

遺言は必ず守るものなのでしょうか

子のない夫婦の財産は親兄弟はその財産を相続できるのでしょうか

お子さんがいない夫婦の場合、財産を残す人がいないということで、遺言など作成する
必要がないのでは・・・
と思われるでしょうが、残念ながらそうではありません。


“遺言は必ず守るものなのでしょうか”の詳細は »

相続人になりたくない!

マイナス財産の相続の場合には相続を放棄するということもできます

亡くなった親に謝金が多くありそうなので相続人になりたくない・・・・という場合どのように
すれば良いのでしょうか?


“相続人になりたくない!”の詳細は »

戸籍がなぜ必要なのかを知ることが始まり

本当はよくわからないのに、当たり前のようにさらっと書かれていて、はずかしくて誰にも聞けないことって、ありませんか?

相続のお手続きでまず初めにしなくてはならないこと。
それは、亡くなった人(被相続人と言います)の戸籍を集めることです。
しかも、生まれたときから亡くなるまでのもの、すべてです。

なぜ?
“戸籍がなぜ必要なのかを知ることが始まり”の詳細は »

内縁と相続では厄介なトラブルも発生しやすい

内縁とは事実上の夫婦関係ですが、法的な届出がないものをいいます。内縁の夫、妻には相続権がありません。

内縁とは事実上の夫婦関係ですが、法的な届出がないものをいいます。内縁の夫、妻には相続権がありません。別名「事実婚(じじつこん)」ともいいます、婚姻届を出してはいないが、事実上婚姻状態にある関係のことで同じ意味です。
“内縁と相続では厄介なトラブルも発生しやすい”の詳細は »

相続の遺言の封印をすると大変です

相続の遺言に封印のある場合は家庭裁判所に提出して検認を受けるときに、相続人の立ち会いがなければ開封できない

遺言に封印のある場合は家庭裁判所に提出して検認を受けるときに、相続人(もしくはその代理人)の立ち会いがなければ開封できない
とされています(民法1004条3項)。

秘密証書遺言については封緘と封印が必要です(民法970条1項2号)。
“相続の遺言の封印をすると大変です”の詳細は »

相続の遺産の分割の協議又は審判等

共同相続人は、次条の規定により被相続人が遺言で禁じた場合を除き、いつでも、その協議で、遺産の分割をすることができる。

907条 1項 共同相続人は、次条の規定により被相続人が遺言で禁じた場合を除き、いつでも、その協議で、遺産の分割をすることができる。
“相続の遺産の分割の協議又は審判等”の詳細は »

自己のために相続の開始があったことを知った時

自己のために相続の開始があったことを知った時とは、相続く開始の原因となるべき事実を知り、かつ、それによって自分が相続人となったことを知った時をいう

自己のために相続の開始があったことを知った時とは、
相続開始の原因となるべき事実を知り、かつ、それによって自分が相続人となった
ことを知った時をいう(大決大正15年8月3日民集5巻679頁)。
相続人は相続の承認や放棄をするまで、その固有財産におけるのと同一の注意をもって、
相続財産を管理しなければならない(918条1項)。
“自己のために相続の開始があったことを知った時”の詳細は »

« 過去の記事
最新の記事 »