カテゴリー: 家族がもめない相続

遺産分割協議書を公正証書で作成する

協議内容を不履行する可能性のある相続人がいるなら、遺産分割協議書を「公正証書」で作成してしまうというのは一考でしょう

遺産分割協議公正証書は、「だれが、どの財産を、どれだけもらうか」を、相続人全員で話し合い、決めた内容を記した文書です。
公正証書とは、法律の専門家である公証人が作成する公文書です。
“遺産分割協議書を公正証書で作成する”の詳細は »

夫婦相互遺言について考える

兄弟には4分の1の法定相続分があるので、請求されれば支払をしなければならなくなります。

夫婦相互遺言とは、お互いに自分が先に亡くなれば自分の財産を相手に相続させるという内容を含んだ遺言のことです。
特に、子供のいない夫婦ではたいへんありがたい遺言となります。
“夫婦相互遺言について考える”の詳細は »

法定の遺言事項以外の遺言の法的効力について

付言事項は法律に縛られることなく、比較的自由に文章を作成できるものなのです。

遺言に記載することで法的効力が与えられる事項(「遺言事項」)は
法律で定められた事項に限られており、それ以外の記載事項は、
法的な効力は与えられません。
“法定の遺言事項以外の遺言の法的効力について”の詳細は »

相続人の中に行方の分からない人がいる場合には

連絡を取れない相続人がいる場合でも何かしらの対応が必要であり連絡が取れない人を無視して相続手続をすることはできないので注意が必要です。

相続人の中に行方の分からない人がいたとしても
行方不明者を差し置いて残った相続人の間で遺産分割協議を行うことはできません。
いくら行方不明者でも相続人としての権利を保有しているからです。
“相続人の中に行方の分からない人がいる場合には”の詳細は »

遺贈と相続の違いについて

相続は遺言のあるなしに関係なく人が死ねば当然に発生しますが、遺贈というのは遺言書がなければ効力は発生しません

「相続」と「遺贈」の違いはなんでしょうか。
 相続とは、誰かが死ねば当然に発生する、なんら手続きを経ることなく当然に
 被相続人の財産が相続人に引継がれることをいいます。
“遺贈と相続の違いについて”の詳細は »

新築する際に親に援助してもらった場合の遺産分割協議

生前に新築などの資金として受け取った財産は特別受益と言います

新築の家を建てる時に親の援助を受けるということをよく耳にします。
もし援助してもらった後に親が亡くなって相続が発生した場合、
遺産分割協議の際にその援助分はどのように扱えばいいのでしょうか?


“新築する際に親に援助してもらった場合の遺産分割協議”の詳細は »

遺言は必ず守るものなのでしょうか

子のない夫婦の財産は親兄弟はその財産を相続できるのでしょうか

お子さんがいない夫婦の場合、財産を残す人がいないということで、遺言など作成する
必要がないのでは・・・
と思われるでしょうが、残念ながらそうではありません。


“遺言は必ず守るものなのでしょうか”の詳細は »

内縁と相続では厄介なトラブルも発生しやすい

内縁とは事実上の夫婦関係ですが、法的な届出がないものをいいます。内縁の夫、妻には相続権がありません。

内縁とは事実上の夫婦関係ですが、法的な届出がないものをいいます。内縁の夫、妻には相続権がありません。別名「事実婚(じじつこん)」ともいいます、婚姻届を出してはいないが、事実上婚姻状態にある関係のことで同じ意味です。
“内縁と相続では厄介なトラブルも発生しやすい”の詳細は »

相続の遺言の封印をすると大変です

相続の遺言に封印のある場合は家庭裁判所に提出して検認を受けるときに、相続人の立ち会いがなければ開封できない

遺言に封印のある場合は家庭裁判所に提出して検認を受けるときに、相続人(もしくはその代理人)の立ち会いがなければ開封できない
とされています(民法1004条3項)。

秘密証書遺言については封緘と封印が必要です(民法970条1項2号)。
“相続の遺言の封印をすると大変です”の詳細は »

相続と遺言執行者の権限

相続人は、相続財産の処分その他遺言の執行を妨げるべき行為をすることができませんよ

遺言執行者は以下の権限を法律上持っています。
・・・・財産の管理
・・・・・執行の権限
この権限行使を相続人は妨害してはなりません、
民法1013条(相続人の処分権喪失)

遺言執行者がある場合には、相続人は、
相続財産の処分その他遺言の執行を妨げるべき行為をすることができない。
“相続と遺言執行者の権限”の詳細は »

« 過去の記事