法定の遺言事項以外の遺言の法的効力について

遺言に記載することで法的効力が与えられる事項(「遺言事項」)は
法律で定められた事項に限られており、それ以外の記載事項は、
法的な効力は与えられません。

たとえば、父の遺言書には付言事項として、長男に「兄弟仲良くするように」との記載がありました。
このような付言事項には、はたして法的効果があるのでしょうか。
付言事項は、法律に縛られることなく、比較的自由に文章を作成できることから、
遺言者自身のストレートな想いをメッセージとして関係者に伝えられるということが大きいと思います。
別の見方をすれば、付言事項が唯一、遺言者自身のオリジナリティを発揮できる場であるからこそ、
これを記載することで、その遺言に、遺言者自身の魂を吹き込むことができるといえるのです。
したがって、兄弟仲良くするようにという付言事項に反したとしても、法的な不利益を被ることはありません。
遺言で多少は出てくるであろう不公平感に配慮しながら、なぜそのような遺言になったのかの理由を記載することがポイントです。
そして、家族へのメッセージとともに、自分の葬儀や納骨、遺品処分のあり方など、
遺された方が困らないように方向性を示しておくことは非常に有意義です。

«
»
 

トラックバックURL