夫婦相互遺言について考える

夫婦相互遺言とは、お互いに自分が先に亡くなれば自分の財産を相手に相続させるという内容を含んだ遺言のことです。
特に、子供のいない夫婦ではたいへんありがたい遺言となります。

親が既に他界しており、子供のいない夫婦の場合、兄弟姉妹がいれば相続人になります。
夫名義の不動産を妻名義にするには、夫の兄弟(場合によっては甥や姪)の印鑑が必要となります。
兄弟には4分の1の法定相続分があるので、請求されれば支払をしなければならなくなります。
遺言書がなければ、このような事になる可能性もあり少なからず苦労することになります。
もしも遺言書があれば、兄弟姉妹には遺留分がないので、安心して全て妻が遺言書どおり相続することができます。
妻が先に死亡した場合も同様です。
妻名義の預貯金を引き出すのに、同様の遺言があれば妻の兄弟の印鑑は必要ありません。
通常、自分が先に亡くなった場合の遺言書だけではなく、自分が後に残った場合の遺言書も一緒に書いておきます。
こうすればお互い先に亡くなった場合と後に亡くなった場合の両方に対応できるので安心です。

«
»
 

トラックバックURL