タグ: 両親

相続放棄の順位について

先順位の法定相続人が相続放棄をした場合、その法定相続人は初めから存在しなかったとみなされます

相続放棄には遡及効があり、相続放棄をした人は最初から相続人でなかったことになります。
亡くなった人(被相続人)に子が何人いたとしても、全ての子が相続放棄をしてしまえば、
法定相続分を考える上では子が一人もいないケースと同様に考えるというわけです。
“相続放棄の順位について”の詳細は »