タグ: 欠格

代襲相続とはどのような相続でしょうか

代襲相続になっているかどうかを判定するときは、 亡くなった順番に注目して考える必要があります。

代襲相続とは、被相続人が亡くなった時、本来相続人になるはずだった人が先に亡くなるなどしていた場合に、
その子や孫やひ孫(直系卑属といいます)が代わって相続人になるという制度です。
“代襲相続とはどのような相続でしょうか”の詳細は »