タグ: 財産

相続人がいない場合の財産はどうなるのか

相続人がいない場合の対策としては遺言ももちろんのこと、養子縁組も考えられます。

自分の相続時に相続人がいない場合の財産は国のものになります。
しかしいきなり国に帰属するわけではありません。
“相続人がいない場合の財産はどうなるのか”の詳細は »

相続人の中に行方の分からない人がいる場合には

連絡を取れない相続人がいる場合でも何かしらの対応が必要であり連絡が取れない人を無視して相続手続をすることはできないので注意が必要です。

相続人の中に行方の分からない人がいたとしても
行方不明者を差し置いて残った相続人の間で遺産分割協議を行うことはできません。
いくら行方不明者でも相続人としての権利を保有しているからです。
“相続人の中に行方の分からない人がいる場合には”の詳細は »

遺贈と相続の違いについて

相続は遺言のあるなしに関係なく人が死ねば当然に発生しますが、遺贈というのは遺言書がなければ効力は発生しません

「相続」と「遺贈」の違いはなんでしょうか。
 相続とは、誰かが死ねば当然に発生する、なんら手続きを経ることなく当然に
 被相続人の財産が相続人に引継がれることをいいます。
“遺贈と相続の違いについて”の詳細は »